2012飛鳥Ⅱワールドクルーズ 四国88ヶ寺歩き遍路 シルクロードバスの旅

オーロラの写真

 オーロラの写真

今回使用したカメラ
パナソニック デジタルカメラ(一眼レフでは無い)
2012年11月¥51.800(税込)で購入,2014年10月には28.800円
品番  DMC-FZ200
画素数 1210万画素
レンズ 25mm~600mm(35ミリ換算)
F値  F2.8~F8.0(マニュアルで600ミリのズームを使ってもF2.8で撮影が出来る)
シャッタースピード 60秒~1/4000秒 

オーロラ写真のコツ
1.ピント無限大(∞) 
2.F値を最少値(F2.8) 
3.ISO値 1600を基本にした。
4.シャッタースピード 5秒を基本にした、動きの速いのは2.5秒遅いのは⒑秒にした。
5.ピントとF値を動かさずISO・シャッタースピードを暗がりの中でも素早く操作出来るように何回も練習する。
6.人物とオーロラ写真はISO1600、シャッター5秒、で1秒間人物の足元に下向きに(他の撮影者に迷惑がかからないよう)懐中電灯を灯火すると綺麗に撮れた。
オーロラビレッジで記念写真は1カット25カナダドルです。


オーロラのレベル
レベル1 非常に薄い状態。肉眼で見える人と見えない人がいる。
レベル2 鮮明ではないがオーロラを確認できる状態。
レベル3 明るくはっきりとしており、動きも確認できる。
レベル4 カーテン状の明るくはっきりとした動きのあるオーロラを頭上で確認できる。
レベル5 動きのある活発なオーロラを頭上ではっきりと確認できる 中でも最上級は“Auroral Breakup(オーロラ爆発現象)”と呼ばれるもので、様々な形のオーロラが全天を縦横無尽に動き回る。


  第1日目 2014年9月24日の夜

クマ出没でオーロラビレッジに入れなく他の湖畔で鑑賞。
オーロラ
厚い雲の下に少しオーロラが見え湖にオーロラが写る。


  第2日目 2014年9月25日新月の夜

ホテルからオーロラビレッジにむかうバスの中からオーロラを確認。
オーロラビレッジに着いた時が一番オーロラが輝いた。
レベル3の少し動きのあるオーロラが観測出来た。
オーロラ
オーロラ
オーロラ
オーロラ


  第3日目 2014年9月26日の夜

昼間から厚い雲に覆われオーロラは鑑賞出来ず。
ティーピー
厚い雲の闇夜とティーピー

オーロラ
夜1時頃雲から透けてオーロラを観測。


  第4日目 9月27日の夜

朝から曇りで夕方6時には少し雨。
オーロラビレッジでディナーを終えると満天の星空。
満天の星空
満天の星空
満天の星空
満天の星空


オーロラ①
オーロラ①
オーロラ①
オーロラ①
オーロラ①


オーロラ②
オーロラ②
オーロラ②
オーロラ②


オーロラ③
オーロラ③
オーロラ③
オーロラ③
オーロラ③
オーロラ③


オーロラ④
レベル5天空では鷲が飛ぶようにオーロラが飛び交う、見とれて写真は撮れなかった。
オーロラ④
オーロラ④
オーロラ④
オーロラ④


オーロラ⑤
全天空でオーロラが飛び交った終わりの写真
オーロラ⑤
オーロラ⑤
オーロラ⑤
オーロラ⑤


オーロラ⑥
オーロラ⑥
オーロラ⑥
オーロラ⑥


オーロラ⑦
オーロラ⑦
オーロラ⑦


オーロラ⑧
オーロラ⑧
オーロラ⑧
オーロラ⑧
オーロラ⑧

    次はキャメロン滝へどうぞ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional