2012飛鳥Ⅱワールドクルーズ 四国88ヶ寺歩き遍路 シルクロードバスの旅

キルギス

 キルギス共和国

1991年8月31日 ソビエト連邦のクーデターにより独立(キルギス共和国)
隣国のカザフスタンや中国と違い砂漠は無く、この地方では気候に恵まれている。
ビシュケク(標高800m)の降水量は450mm、平均気温は1月に-3度7月に25度である。

農業、牧畜、鉱業が主。農業は輸出品目にもなっている綿花、タバコの栽培が活発。
1997年に採掘がはじまったクムトール鉱山は、世界屈指の金鉱山である。
水銀は2002年のデータで世界第3位の産出量を誇っている。
水力発電による電力、葉タバコ、綿を輸出し、金の輸出が急速に伸びている。

ソ連から独立後は、観光産業に早くから注力する。旧ソ連邦でも先駆けてヨーロッパや日本からの観光目的の入国に査証不要を打ち出した。

キルギスの平均月収 約500ドル。1ドル=54ソム。
物価は非常に安い。

ビシュケク
キルギスの首都、人口120万人。
年間322日は晴天、市内はカラガチ・ポプラの並木で鬱蒼としている。

マイクロバス・トロリーバスが走る。
中央アジアで人口当たり車の保有率が最も高い。中古車が70%。
中古車は7000km離れたドイツから、日本車はウラジヲストゥクより。

日本食が大流行、ワサビの映画の影響か日本食レストラン名に「ワサビ」が多い。
『WASABI』は2001年にフランスで製作されたコメディ調のアクションサスペンス映画。


 第18日目 4月18日 金曜日 晴れ

12時50分国境着⇒入国手続き⇒13時5分国境発 首都ビシュケクへ

街で
街で
キルギス初めての街ビシュケクでスナップ写真


昼食
ディアルレストランで昼食

結婚式
結婚式
レストランでウイグル人の結婚式の女性だけの前夜祭にあう、正装した多くの美女。


衛兵交代
衛兵交代
衛兵交代
衛兵交代 
衛兵交代の見学 見事な足並み。


オシュバザール
オシュバザール
オシュバザール
オシュバザールの見学、物価は非常に安い。


アクケメホテル
アクケメホテル
アクケメホテル着 16時25分 4星
アクケメホテル
夕食後のアクケメホテル。

アクケメホテル
アクケメホテル
アクケメホテル早朝の屋上より


夕食
19時30分~ テュビュティカレストランで夕食。
レストラン
寿司のメニューもある、日本食が大流行。


 第19日目 4月19日 土曜日

ビシュケク⇒イシクル湖 286km 9~14度
ホテル発 8時30分
ホテル着 16時45分

ブラナタワー
ブラナタワー:10世紀前半の建設、モスクのミナレット(礼拝時刻の告知に使う塔)
現在の高さは22.5mもとは45m。16世紀の地震で倒壊1974年修復。

塔より
ブラナタワー頂上よりの景色

石人
石人:6~8世紀に戦士の墓の上に立てられた石の像。
ここの石人はキルギス全土から集めたもの。


市街
郊外
市街を抜け郊外へ

チュー河
チュー河の渓谷を走る


昼食
チャリン渓谷を出たところの山の中のレストランで昼食、民族衣裳のウエイトレス。
昼食
メニューは中央アジア風のミニワンタンスープ、焼売、肉じゃがです。


岩絵野外博物館
チョルポンアタ岩絵野外博物館:紀元前8世紀から紀元後10世紀にかけての岩絵。
大角を持った山羊の絵が大半、鹿・狩りをする人間が数点。

岩絵野外博物館
岩絵野外博物館には羊も鑑賞と除草にやってきます。
岩絵野外博物館

岩絵野外博物館はオフシーズン管理人が私たちを見つけて子連れでやってきました。


ホテル
ホテル
ホテル
16時45分ホテル着 フォーシーズンズ 4星 
イシクル湖畔のメンバーズホテルのようだ。
19時からホテルで夕食


 第20日目 4月20日 日曜日

イシクル湖⇒グレゴリエフカ渓谷⇒イシクル湖 175km 
朝晩は涼しいバーベキュー時14度 晴れ
ホテル発 10時30分
ホテル着 17時30分

ボスラリのバザール
ボスラリのバザール 
ボスラリのバザールで昼のバーベキューの玉ねぎ、ナンの買い出し。


墓地
それぞれ個性のある墓石の墓地。


ろば車
小学5年生の子が弟を載せてロバで走っていた、家のお手伝い。
ロバは最近1900ソム(3800円)で買ったそうだ。


バーベキュー
グレゴリエフカ渓谷でバーベキュー
運転手が一昨日市場で買った羊のもも肉を漬け込んで来てくれたのを河原の石で炉を作り時間をかけて焼く、美味しくて皆よく食べた、皆のホテルの弁当が残ってしまったので、帰りロバ車の子供にあげた。
グレゴリエフカ渓谷
グレゴリエフカ渓谷
グレゴリエフカ渓谷の景色


民家訪問
民家訪問
キルギスの民家訪問しお茶を頂く。


天山山脈
天山山脈
天山山脈と牛
天山山脈と牛、道路の街路樹は大きい。
天山山脈と民家
天山山脈と民家

17時30分フォーシーズンズホテル着 昨夜のホテルに連泊 20時~ホテル内で食事


 第21日目 4月21日 月曜日

イシクル湖⇒国境⇒タラズ 337km+189km 晴れ
ホテル発 8時45分
ホテル着 21時5分

トイレ休憩
チュー河ボーン渓谷 あおいそらトイレ休憩


昼食
ギュネルレストランで昼食
昼食
炭焼きのシシカバブ
昼食
ウエイトレスのおねえさん。


国境
14時40分国境着。キルギス側=チャルダバール国境、カザフ側=スパイバードル国境。
17時まで待つが大渋滞の為バスは進まない。バスを残して車を拾いカザフスタンへ行く事になる。国境間500m程歩く。ごった返していてカザフ入国出来ず、ポーターの交渉で別ゲートを開てもらう。カザフ国境発が18時30分になる、国境通過に約4時間かかった。

   次はカザフスタン2へ再入国4月21日よりどうぞ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional