2012飛鳥Ⅱワールドクルーズ 四国88ヶ寺歩き遍路 シルクロードバスの旅

中国 西安より

中国 西安より

中国共産党員:8.000万人。
党員になるには家族等厳しい調査が有り共産党政治教育を受け一部のエリートしか入れない。
公務員、事業主、企業で働く上層部には党員でないと出世は難しい。
党費が必要。数パーセントの党員が中国人民を仕切っている。
戸 籍
農民、工人、幹部と三つの身分が戸籍に記載、大学を出たり、軍に入ったりすると身分が変わる。
会釈機
中国では石油堀削機の事を「会釈機」と言う、人民が○○○にいじめられて御免なさい御免なさいとお辞儀をしている様子に似ているから。
笑えない笑い話:(中国では娼婦を鶏と言う)
2014年2月政府は鳥インフルエンザ取り締まりの指令を出したが、間違えて公安に指令を出した。
その結果、全国のマッサージ店やカラオケ店で、風俗の営業が出来なくなった。
日本のAV女優・蒼井(あおい)そら 
中国独自の「つぶやき」サイト「微博(ウェイボー)」の蒼井はファン1460万人以上。
中国のファンは蒼井をそら先生と呼ぶ。
訪中イベントに登場するとなればハリウッドスターなみの歓迎。
「中国の若者の精神的支柱」みたいな感じになっていまして彼女のことを神格化して女神として崇めている人もいます。
今回のツアーに彼女をそら先生と呼ぶフアンが乗っていてバスの中はいつも「あおいそら」の話で和やかでした。
中国は田舎でもカラスもスズメもツバメも鳥は見ない
人民が食べつくしてしまったのか!!
環境が悪いから周辺の国へ移動したか!!
中国を抜けて中央アジアに入ると烏もスズメも燕も鳥はいっぱいいました。
小学生の送り迎え
交通、誘拐(人身売買)の理由で必ず送迎。

  第一日目 4月1日 火曜日

14:05 羽田発 中国国際航空182便
16:50 北京着 入国手続き
20:30 北京発
22:30 西安着
23:50 ホテル着 皇城豪門酒店 4星

 
北京空港
中国入国手続き後北京空港を約1時間見学する、空はやはりスモッグ!!

北京空港モニュメント
中国らしいモニュメント

北京空港の旅行者
今回の旅行者7人が北京空港内歩く。
空港内をトラムで移動 やはり空港は大きい

皇城豪門酒店
今日の宿泊ホテル皇城豪門酒店へ23時50分着、1日2日と連泊

皇城豪門酒店
宿泊ホテル皇城豪門酒店の朝

皇城豪門酒店室内
皇城豪門酒店のホテル室内 4星

皇城豪門酒店バス
皇城豪門酒店のホテル室内 バスタブ有り

  第2日目 4月2日 水曜日

終日西安
曇り 12度~22度
ホテル発 9時
ホテル着 17時50分

西安省・西安
面積:日本の本州より若干狭い
人口:3.700万人の省都
西安市人口843万人(大阪府人口886万人)
多い時の日本人観光客20万人、昨年2千人


清真寺の見学
近辺は回族の居住地5万人が住む。
回族:中国の少数民族の一つで、中国最大のムスリム(イスラム教徒)民族集団である。回族とされる人々は、言語・形質等は漢民族(漢族)と同じだが、イスラム教を信仰する

清真寺
清真寺(せいしんじ)
清真寺
清真寺
清真寺
清真寺屋根を支える美しい組子
清真寺
清真寺 唐代742年創建の西安最大中国最古のモスク、見た目は仏教寺院のようだが、れっきとしたモスク、現存する建物は明代。

清真寺
清真寺 礼拝大殿(モスク)

清真寺境内の売店
清真寺境内の売店 回族の帽子
清真寺の門前町
清真寺の門前町 衣料品から食品迄いろいろ
清真寺の門前町
清真寺の門前町 麺店 白いスカーフと白い帽子の回族店員、釜の燃料は石炭、炉の下に石炭とバーナーが見える。
清真寺の門前町
清真寺の門前町 スポンジケーキを美しくカットし売っている
清真寺の門前町
清真寺の門前町大通り、車道も石畳敷、リヤカーが活躍


大雁塔の見学(だいがんとう)
652年に唐の高僧玄奘三蔵がインドから持ち帰った経典や仏像などを保存するために建立した塔。
名前は、菩薩の化身として雁の群れから地上に落ちて死んだ1羽を、塔を建てて埋葬したことに由来する。

大雁塔
玄奘三蔵(げんぞうさんぞう)の像と大雁塔(だいがんとう)

大雁塔
玄奘三蔵の像と市街を走るモノレール2013年オープン。
赤いジャケットを着た多くのお姉さんは公認!!の物売り娘!!

大雁塔
大雁塔:唐代創建の慈恩寺にあった塔、1068年~1077年頃寺は焼失塔だけ残る。
かっては3倍の敷地面積と300人の僧侶
四角七層のレンガ造り高さ64m、創建時は10層の粘土レンガ造り。

大雁塔
慈恩寺と塔

大雁塔
慈恩寺と塔の前の大通り、多くの民家を解体し整備した。
1000人の警官等が立会い強制立ち退きが行われた。

大雁塔
大雁塔遠景


 陜西省歴史博物館の見学

陜西省歴史博物館
陜西(せんせい)省歴史博物館外観
中華人民共和国成立以降に発掘された文物を展示

陜西省歴史博物館
陜西省歴史博物館

陜西省歴史博物館
陜西省歴史博物館

陜西省歴史博物館
陜西省歴史博物館 年代により美人の条件が違う


餃子の昼食

餃子の昼食
徳発長で餃子の昼食

餃子の昼食
13:10 餃子の昼食
12種類の蒸し餃子・水餃子・焼き餃子・スープ餃子。

餃子の昼食
食後は店の看板娘!!が日本語で商品の説明と売り込み。
日本の百貨店や秋葉原でも活躍出来る看板娘だ。


 兵馬俑坑の見学(へいばようこう)
1987年、世界文化遺産
秦の始皇帝は中国史初の皇帝、その強大な力を利用し大きな陵墓を建てた。これが秦始皇帝陵である。また兵馬俑坑は、この陵を取り巻くように配置されており、その規模は2万m2余におよぶ、3つの俑坑には戦車が100余台、陶馬が600体、武士俑は成人男性の等身大で8000体ちかくあり、みな東を向いている。

兵馬俑坑の見学
兵馬俑坑の見学 入館前

兵馬俑坑の見学
兵馬俑坑の見学
1号坑 歩兵・兵馬
1974年井戸を掘っていた農民が発見、当人はその後、兵馬俑を展示する博物館の名誉副館長となっている。
兵馬俑坑の築造方法。
まず平地に深さ約3㍍の大きな坑を一定の間隔でクシ状に掘り、それが崩れないように周りに木の杭を打ち込み囲む。
坑の床はにレンガを敷きつめ、陶俑や陶馬を坑に入れ、杭の上に丸太を並べ棚木とする。その上を葦のむしろをかぶせ、さらに坑を掘ったとき出た土をその上に載せ、約2㍍の厚さで覆う。

兵馬俑坑の見学
兵馬俑坑の見学 歩兵

兵馬俑坑の見学
兵馬俑坑の見学 発掘された埋葬品の復元作業

兵馬俑坑の見学
兵馬俑坑の見学 兵馬

兵馬俑坑の見学 
3体の雑技員俑:1/2サイズの銅馬車(3頭の馬)

兵馬俑坑の見学
秦代の騎馬:あぶみ無し、馬が小さい150cm

兵馬俑坑の見学
人の顔は同じ者は無く皆違う

兵馬俑坑の見学
兵馬俑坑を発見した1974年頃の現場風景 麦畑

兵馬俑坑の見学
兵馬俑坑の見学後はお土産品店街を歩いて帰らないと帰れない。
来るときはカートで来たが帰りは無い。
日本人観光客は私達以外はいない。


西安の街中スナップ

西安の街中スナップ
タクシーの屋根にコマーシャル表示、全てのタクシーが同時に表示が変わる。

西安の街中スナップ
オート三輪のタクシーとバイクが多い。

西安の街中スナップ
西安の夜景


夕食
夕食:西安飯荘にて、19時ホテル出発20時35分ホテル着
政界の名士も来る名店。
中華料理は早く料理が出て量も多い、これ以上は食べれない残りの料理。 


  第3日目 4月3日 木曜日

西安⇒平凉 362キロ 晴れ 14~24度
ホテル発 8時35分
ホテル着 18時40分


西安の城壁
西安の城壁で出発式 私達の乗るバス

西安の城壁
西安の城壁の上 先が霞む程大きい


開遠門
開遠門:唐代の西の城門(シルクロードの出発点)


西安
高速道路一般道路共新設道路が激しく、又案内看板も無くカーナビにものってなく、道路の物売り娘に運転手が道を聞く。


茂陵の見学
茂陵(もりょう)の見学 漢の第7代皇帝の墓、シルクロードの開拓者BC140~87年在位。

茂陵博物館
茂陵博物館の見学

茂陵博物館
匈奴を踏む馬の石像(国宝)


民家の有る田舎道
民家が建つ田舎道を走る、高速走路には無い良さがある。樹木が小さいのは道路を拡張したから!!また樹木を植えるのは立派。

高速道路より
高速道路より 山肌にヤオトンが見える今は住む人が少ない。


大仏寺
大仏寺の見学 唐の時代隋末期の戦乱で亡くなった将兵を弔う為、山の断面に造営さた石窟寺院 130に及ぶ石窟が有る。

大仏寺
高さ20mの大仏 628年開眼 建屋が大仏に近く大仏の全体像は見えない。


高速道路より
高速道路より 山肌に段々畑

高速道路より
甘粛省高速道路より


 

夕食
夕食はホテルの外で暖鍋:中空の鍋で 羊肉野菜の寄せ鍋、甘粛省のビールを飲むコップは小さいのが特色だそう。

平凉賓館
平凉賓館ホテル 4星 夕食後の写真

平凉賓館
平凉賓館ホテル バスタブ有り

平凉賓館 
翌朝 平凉賓館窓より外を見る


  第4日目 4月4日 金曜日

平凉⇒蘭州 377キロ 曇り後雨後みぞれ後晴れ 朝5度 蘭州1~13度
ホテル発 8時30分
ホテル着 17時25分


あんずの花
あんずの花
あおいそらDeトイレ こんないい環境でトイレ、中国はいい所だ。三関園で全山あんずの花 

集落
段々畑
集落と段々畑

集落
高速道路沿いの住宅は国の予算で優先して立替します、高速道路から離れた住宅をよく見ると粗末な住宅が多い、これは外国人が中国を見たときに印象を良くする為です。
まだ立替が難しい地区は高速道路沿いに樹木を植えて見えにくくしているようだ!!


六盤山トンネル
六盤山トンネル 標高2335m 1997年完成 長さ2385m
六盤山最高峰:2942mチンギスハン終焉(1227年8月18日)地。雪がぱらつきバスの暖房を入れる。


昼食
静寧名物の焼き鳥(名前は焼き鳥だが煮てある)で昼食、見た目はグロテスクだが美味しかった、味付けに秘伝があるのか!近所の人がお持ち帰りで買いにくる。店舗は小さく店で食べる人はあまり無いようだ、店舗の奥にはベッドも見える此処で寝泊りしているようだ。


黄河
黄河
黄河を渡る、この辺りは源流から1500㎞程

中山鉄橋
中山鉄橋:234m 1907年清の時代ドイツ企業に発注、黄河に架かる最初の固定式の橋。


甘粛省博物館
甘粛省博物館
甘粛省博物館の見学 馬踏飛燕(後漢の時代)


モスク
ホテルへの帰路道路は渋滞ビルの中にモスクが見える。

錦江陽光大酒店
錦江陽光大酒店
ホテル着17時25分 錦江陽光大酒店 4星 バスタブ有り

夕食
19時10分ホテル出発歩いて夕食:君楽牛肉店にて牛肉麺(牛肉をトッピング)の夕食、セルフサービスの店、麺だけの夕食は少しさみしかった。

       次は中国 蘭州よりへどうぞ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional