2012飛鳥Ⅱワールドクルーズ 四国88ヶ寺歩き遍路 シルクロードバスの旅

操舵室見学

6月30日 9時~10時 操舵室見学



操舵室
10デッキ前方に操舵室が有る。
夜は自動車のようにヘッドライトは無く無灯火で人の目を頼りに走る、ライトをつけても光が遠くまで届かないから人の目を夜の暗闇に慣れさせて走る。
その為のレーダーによる援助装置が有る。

自動操舵装置
  自動操舵装置

衝突予防援助装置
  衝突予防援助装置、飛鳥Ⅱと近くにいる船の進行を表示する。

電子海図情報表示装置
  電子海図情報表示装置、実際は手書きで作るのを重要視する。

外部の操舵室
入出港するときの外部の操舵室

スクリューの写真
スクリューは電動モーターで動く、発電機は4機あり全速力で走るときは4機動く、厨房が働いている時は厨房で多くの電気を使うから全速力では運転できない。

船首の横方向のスクリューの写真
  船首には横方向に船が動く為のスクリューが2ヶ所ある。

パイロットが乗りこむ説明の掲示
パイロットが乗りこむ時はタラップを下ろして、それで乗り込む。

   次は帰国に向けてを案内します

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional