2012飛鳥Ⅱワールドクルーズ 四国88ヶ寺歩き遍路 シルクロードバスの旅

赤の広場

   赤の広場

「赤」はロシア語では「美しい」という意味、広場の名前は「美しい広場」。
広場が整備された17世紀後半「赤の広場」と名付けられた。
長さは695m、平均道幅は130m、面積は7万3,000㎡。
広場に立つと意外と小さく感じる、ここで軍事パレードが出来るのという感じ。

北西端には国立歴史博物館とヴァスクレセンスキー門
北西端には国立歴史博物館とヴァスクレセンスキー門
北西端の国立歴史博物館。左のヴァスクレセンスキー門より赤の広場へ入る。

ヴァスクレセンスキー門
ヴァスクレセンスキー門
ヴァスクレセンスキー門より赤の広場へ入る。

赤の広場
赤の広場 南東端には葱坊主の屋根の聖ワシリイ大聖堂が小さく見える。
南西側にはクレムリンの城壁とその中の大統領官邸。

北東側にはグム百貨店
グム百貨店
北東側にはグム百貨店。

古い写真
古い写真
グム百貨店に展示された古い写真。

レーニン廟
レーニン廟
南西側の城壁に接してレーニンの遺体が保存展示されているレーニン廟。
その後ろにはガガーリンやスターリン、片山潜などが眠る。

聖ワシリイ大聖堂
聖ワシリイ大聖堂
聖ワシリイ大聖堂
ツァーリ・イヴァン4世(雷帝)のカザン征服を記念して建てられた。
カザン戦からイヴァン4世が帰還した年に木造で建てられ、5年後の1559年に完成。

完成時点で彩色はされておらず、今見る聖堂の彩色は17世紀から19世紀にかけて施された。
ロシアの聖堂でもっとも美しい建物のひとつと言われる。
1990年にユネスコの世界遺産に登録された。

ミーニンとパジャルスキーの像
ミーニンとパジャルスキーの像
1612年モスクワはポーランド軍によって占領されていました。
ミーニンは多額の軍資金を集めて軍隊を組織しました。
ポジャルスキー公はその軍隊の指揮者でした。
1612年12月、ポジャルスキーの軍隊はクレムリンを攻撃してモスクワをポーランドから解放しました。
この二人は、ロシアの国民的英雄なのです。
この二人を顕彰するために、この像は1818年に建てられました。
現在の場所に移されたのはスターリン時代の1930年でした。

グム百貨店
グム百貨店に入った所、噴水がある。
「グム」とはロシア語で「総合百貨店」の意味。
帝政ロシア時代の1893年に完成。
200店舗が営業、ショーウィンドーの役割、客は少ない。

グム百貨店
グム百貨店3階より見下ろす。

グム百貨店
グム百貨店 店員さん

グム百貨店
グム百貨店 階段で立ち話する美女と・・。

     ロシア9日間の旅へ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional