2012飛鳥Ⅱワールドクルーズ 四国88ヶ寺歩き遍路 シルクロードバスの旅

飛鳥Ⅱ船内ガイド

 飛鳥Ⅱ船内ガイド

1、船内の主な施設の案内。
2、私が契約したFステートの客室を案内。
3、乗船時持ち込んでよかった物。

 船内の主な施設の案内

フォーシーズンダイニングルーム
フォーシーズンダイニングルーム
5デッキ
メインになる食堂です。
朝食・昼食・ディナーがいただけます。
ディナーは17時15分からと19時45分からのⅡ部制です。
ディナーは日によりドレスコードが決まっています。
持ってきたドレスが少なく悩む日も有りました。

リドカフェ
リドカフェ
11デッキ
朝食・昼食をビュッフェスタイルでいただきます。
5デッキダイニングのメニューにより混む日も有ります。
夕方は焼きそば・バーガー・サラダ等の軽食が頂けます。

パームコート
パームコート
11デッキ
コーヒー等の飲み物と時間によりケーキ・和菓子等が頂けます。
ゆったりした籐椅子で心身休まる空間で意外と空いています。
港を入出港するときは港の景色を見ながら過ごします。
私の一番お気に入りのデッキです。

12階のグランドスパ
グランドスパ 
12デッキ
6時~24時まで利用でき,12時~13時と18時~19時は清掃時間です。高温サウナ、低温蒸気サウナ、ジャグジー等が有ります、外の見晴らしがよく癒される湯です。
朝6時に髭剃りながらと 運動で汗をかいた後と 夜の 1日に2~3回入りました。

フィットネスセンター
フィットネスセンター 
12デッキ
ジョギングマシンはいつも動いています、時間により順番待ちです。
写真の奥ではバランスボールでストレッチ教室をしているのが見えます。

7階プロムナードデッキ
プロムナードデッキ
7デッキ
朝早くウオーキングをする人が多いです、ジョギングをする人は昼が多いです。風の強い日は無理です体が飛ばされそうになり危険です、その時はデッキへ出るドアにロープが張られます。
私は雨風がある時は客室の廊下でウオーキングしました。

ダンスホール
クラブ2100 
6デッキ
18時~23時はダンスタイム20時20分~23時は生バンドが入ります,18時~20時迄くらいは比較的初心者が多い、生バンドは入らないがダンス音楽はは流れています、やはり女性が多いです。

ダンス教室
クラブ2100 
6デッキ
11時~11時45分と16時~16時45分はダンス教室、100人以上習いに来る一番人気の教室です、夫婦の大泉先生がうまく指導され、多くの生徒を二人で教えられるのは見事なものです、かなり踊れる人と全くの初心者を一緒に教えるのですから。

ブルース、マンボ、スクエアルンバ、ジルバ、ワルツ、タンゴ、キューバンルンバ、チャャチャ、サンバ、マンボNo5、エレクトリックスライド(これは飛鳥Ⅱ船上のイベントでよく皆で踊ります)等です。

ダンス教室へ来る人は教本を頂けます、B5 32ページのステップと解説が入った解り易い本です。 大泉先生の模範ステップをビデオに撮る人も何人かいます、ビデオ撮影は許可されていました。

夫婦で参加するカップルも多いが女性一人参加も多い。夫婦参加で奥様が踊れてだんな様が初心者のカップルも何人かみえました、その反対のカップルもいました。

男性がリードをしなければならないから、女性の数倍練習しないと駄目ですよとダンスのうまい乗船客に言われました。
ダンスのうまい人は高級乗用車一台分位の授業料を払ったと言う人もいました。

大西洋横断の時は波が高く船が大きく揺れましたが、お互いペアで組んでおれば倒れる事はあまり無いが大変でした。

熱心な生徒はホールが空いている朝5時から練習している人もいました、それに付き合いボランテアで教える人も有り感心しました、ホールは一日中何かのイベントや教室につかっていますから朝早くから練習されるのです。

ダンス教室へ来る人は船の中ですごすダンスの時間が一番多く、食事の時間とかお茶の時間にもよく話のネタなりました。7月に下船し新年の年賀状にも、ダンスは続けていますかと書く人が多かったです。

Fステート客室の案内

客室窓側
客室の窓側です、窓側にツインベットが有り手前にソファー、デスクが有ります、ベットはツインをダブルの様にも使えます、ツインの間を離す事も出来ます。
ベットの掛けカバーは初日は掛かっていましたが、以後は無しで白いシーツが丸見えです。

客室のテレビ
客室のテレビです、船の現地時間、日本時間、天気予報、日付けと時差が変わる時間が出ます、次の寄港地が出ます、航海中のナビも見れます、日本のテレビ放送が見れます。
テレビは休む時も時計かわりに点けたまま休みました。

客室の廊下側
客室の廊下側です、手前にベット、その奥にソファーとデスク、デスクの奥の鏡の中がクローゼット、その奥が洗面バスが有り正面が入り口のドアでその右が小物入れ収納庫です。
洗面室の壁には毎日のイベント等の案内紙、船内新聞を貼っています。客室の壁は鉄板ですから磁石が付きます。
ソファーの上の壁に洋服を掛けていますが、これも強力な磁石が付いたフックを持ってきました。

客室クローゼット
客室の小物入れ収納庫です、左は入口ドアです、D・Eバルコニー客室はこれの半分の小物入れ収納庫になります。

救命胴衣
本来はクローゼットの中にある救命胴衣とその収納棚をテレビ台の下に出しました、クローゼットが狭くなり衣服が入れ難いからです。その棚の上に帽子などを置きました。

洗面所
洗面化粧台です、右は洗面入口ドアです。

トイレ
ウオッシュレット付便器です、排水がバキューム式ですから汚水を排水する時には”ゴー”と大きな音がし、隣の部屋まで聞こえます。

化粧品棚
便器の上に化粧品棚が有ります、化粧品、歯磨きタオル等は一日2回のベットメイキングと掃除の時に補充してくれます。

バスタブ
バスタブです、12階に大きくてきれいな浴室が有るから使わない人が多いです、バスタブに段ボールの箱を棚にして物入れにしたり、ロープを張って洋服を掛けたり物干しにする人もいます、ロープは自宅から持ってくる必要が有ります。

「Eバルコニー」キャビンより「Fステート」キャビンが優れているところ

Fステートキャビン窓側

 「Eバルコニー」タイプは居間として使うソファーとデスクがベッドの奥にあるため、いつもベッドの狭い通路を通って行かなくてはならない。が「Fステート」はその不便さが無く使い勝手がいい。 住宅でいえば「Eバルコニー」タイプは寝室を通って居間に行くようなものだ。

 Eバルコニー」タイプはクローゼットの洋服を出して着替える時にベッドが有るため、狭い空間で着替えるか、ベッドの奥のソファーの所まで持って行って着替えなくてはならない。

 Fステートはベッドが室内の奥にあるため、落ち着いて休める。

Fステートキャビン入り口側

 トイレの汚水排水はバキューム式で排水時に大きな音がする、ベッドはトイレに離れている方が深夜起きてトイレに行く人は特にいい。

 小引出付小物収納庫が「Fステート」は「Eバルコニー」の2倍ある。

 クローゼットも「Fステート」は「Eバルコニー」より大きい。

 「Fステート」も「Eバルコニー」もバルコニーを除いた室内の面積は同じである。

 バルコニーに出て、外を眺める事はあまりない、外を見るのであれば、7階のプロムナードデッキに出るか、11階のパームコートか12階のデッキに出た方が眺めも好い、特に港を離れる時の眺めは部屋のバルコニーとは比べ物にならない。

・  乗船料金が安い


 乗船時持ち込んでよかった物

1、洋服掛けパイプ
クローゼットは洋服掛けパイプが上部に1本しかないから、掛けられる洋服が少ない、もう一本上部から80センチ程下がった所にステンレスパイプを付け、収納量を倍にした。
直径30㍉長さ600㍉のステンレスパイプ2本の両端に3㍉程の穴を開け針金で上部パイプより吊り下げる。
2、針金ハンガー
針金ハンガーは30本程持っていったが、足りなかった、現地で探したが見つかっても太いのとか、肩幅が大きいかったり、見つからなかった。洗濯室は有るが小物を室内や洗面所で干したりするにも必要ですから50本程有る方が良かったです。
物干しロープも有った方が良い。
3、磁石
書類を壁に張る強力な磁石10個、洋服を壁に架けれる程強い磁石のフック6個、Fステートはクローゼットの奥行きが広いからクローゼットの中にも洋服掛け用の磁石のフックが有ると良い。
4、ベットの下に入る箱
下着などを整理収納する箱、ベットの下(高さ28センチ)に入れ引出のように使う、段ボールの箱、私はボウル紙に布を張ってあって折りたためる箱を10個持っていった。
5、加湿器
私はクルーズのゆたか倶楽部から頂いた大きい加湿器を持っていった、客室内はかなり乾燥するから出来るだけ大きいのがいい、出来れば4リットルくらい水が入るのがいいです。
大きい加湿器の中に小物を詰めて宅急便に入れました。
6、空気清浄機
私はシャープの「IG-DX100」を持っていった、飛鳥Ⅱは客室の換気がうまく出来てないから健康の為に必ず必要です。
7、パソコン、プリンター
プリンターはキャノンip100を持って行きました、写真をその日に整理でき必要に応じてプリント出来るのは大変良かったです。帰国してからではなかなか整理出来ないし、現地で聞いた話等もその日に整理して置けば間違いないアルバムが出来ます。
パソコンとプリンターは宅急便に入れないで自分のスーツケースで客室まで自分で持っていかないと故障する恐れが有ります。
8、延長コード
客室にはコンセントが少ないから必ず必要です、私は1個しか持っていかな無かったので、現地で探したが日本の規格に合うのはみつからなかったです、2個は必要です。
9、スリッパ
スリッパは置いてあるが簡易スリッパですから、履きやすいのを持って行った方が良い。
10、体重計
12階の浴室に体重計は有りますが、自宅で使っているタニタのBC-309を持って行きました、この機種は人が乗れば個人データーを確認し、体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・推定骨量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率を記憶しパソコンで記録を管理します。
しかし波が高い時は正確に測れません、これは12階の浴室の体重計も同じです。
11、布団乾燥機
私は持っていかなかったが、ベットのシーツは毎日替えてくれるが布団は一度も取り替えてくれないし、干してもくれないから湿気てよくない。健康的な睡眠のために必需品です。
12、青汁サプリメント
私は持っていかなかったが、食事が野菜不足になりがちで、水で溶かして飲むのを持っていったほうが良かった。食事の時に飲んでいる乗客もいました。

客室のデスク
デスクにノートパソコン、キャノンプリンター(ip100)小型ながらA4まできれいにプリント出来ます。
床に空気清浄機シャープ(IG-DX100)と加湿器があります。


  次は神戸⇒モーリシャスを案内します

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional